ニントゥアン省:フオックニン太陽光発電所が竣工

ニントゥアン省:フオックニン太陽光発電所が竣工

南中部沿岸地方ニントゥアン省でこのほど、フオックニン太陽光発電所の竣工式が行われた。発電所はこれに先立つ10日に稼働を開始し、国家電力網への送電を開始した。

フオックニン太陽光発電所の総出力は45MW、年間発電量は7500万kWh。投資総額は1兆VND(約46億円)超。

同案件の投資主は、金融事業や不動産開発、農産物・飼料の輸出入・販売などを手掛ける地場系コングロマリット(複合企業)のT&Tグループ(T&T Group)傘下のニントゥアンエネルギー工業(Ninh Thuan Energy Industry)。

同案件では、ニントゥアンエネルギー工業が、シャープ株式会社(大阪府堺市)子会社のシャープエネルギーソリューション株式会社(SESJ、大阪府八尾市)と地場工事会社のNSNコンストラクション&エンジニアリング(NSN Construction and Engineering=NSN、ハノイ市)の合弁会社との間でEPC(設計・調達・建設)契約を締結した。

ニントゥアン省人民委員会のファム・バン・ハウ副主席は式典で、フオックニン発電所が同省の社会経済発展を促すほか、エネルギー安全保障にも貢献すると期待を寄せた。

[Giao Duc Thoi Dai 11:01 23/06/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。
By |2020-06-25T14:50:11+00:006月 25th, 2020|エネルギーニュース, ニュース, 会社のニュース|0 Comments