太陽光発電の固定価格買取価格を引き下げへ、首相決定

太陽光発電の固定価格買取価格を引き下げへ、首相決定

グエン・スアン・フック首相は、太陽光発電開発の奨励に関する首相決定第13号/2020/QD-TTg(5月22日施行)を公布し、太陽光発電案件に対する固定価格買取制度(FIT)の買取価格(FIT価格)を一新する。

決定によると、2019年11月23日以前に認可を取得し、同年7月1日~2020年12月31日に商業運転を開始する発電案件に対し、新たなFIT価格を適用する。このFIT価格は20年間適用される。

1kWh当たりのFIT価格(付加価値税=VAT含まず)は設置場所によって異なり、詳細は以下の通りとなる。

・地上:1644VND(約7.7円)
・水上:1783VND(約8.3円)
・屋上:1943VND(約9.1円)

新規定では、太陽光発電案件に対するFIT価格がいずれも現行規定から引き下げられることになる。

国の発電計画の一部として認められており、2021年1月1日までに商業運転を開始する南中部沿岸地方ニントゥアン省の案件については、合計出力が2000MWを超えない分について1kWh当たり2086VND(約9.7円)のFIT価格(VAT含まず)を適用する。

By |2020-04-09T09:36:26+00:004月 9th, 2020|ニュース, 建設ニュース|0 Comments